So-net無料ブログ作成

劇場版 空の境界 第5章「矛盾螺旋」

さてさて、空の境界の中でも最大のエピソード、ばっちり枠もとって2時間という上映時間ですよ。
さて、話の中身ですが・・・今まで以上に初心者の方はお帰りくださいと。時系列が大筋は一本なんだけれど、かーなーりバラバラにエピソードがちりばめられており、ホントに話を理解していないと、ここでこのシーンを入れたか!ってのが理解できないです。
人を不快にさせる小川マンションの解説とか知っていればすっきり頭に入るんだろうけれどねー小川マンションの日常の繰り返しシーンとかホントよくあそこまでループさせたものだと。
冒頭の殺人シーンもちゃんと刃物を刺しているのに血が出ないというマンションの住人が全部人形になっているということを知っていないとニヤリとできないシーンだし。
まあ、そういったハードルを乗り越えられれば、物凄く楽しめます。もう式のバトルシーンは相変わらず動きまくりだし、木偶人形は人形らしいぎこちない動きだわ、橙子さんの使い魔のスピード感や、鞄から出てきた得体の知れないもののグロさとか巴の脳髄とか、マンションと融合した荒耶とかビジュアルクオリティはすさまじい。
そしてもうアルバの噛ませっぷりというか、卑屈な小物感あふれる彼の演技が素晴らしい。ジョージ中田の荒耶は言うまでも無いですが、アルバがあそこまでハマルとは思わなかった!
他にも巴と式との共同生活でどんどんシンクに溜まるハーゲンダッツストロベリーの紙パック、籠に溜まっていく式の下着など細かい生活表現とかがよかったですわ。
ただ、文句を言うなら、式が荒耶の結界を破って出てくるまでの回想シーンが長すぎて間延びした感があるかなぁと。
まあ、3章に次ぐ面白さであったのは言うまでも無いでしょう。

さて、次回は6章。鮮花がメインではありません黄泉路さんの病みっぷりが楽しみで楽しみで楽しみでしかたありません。次回予告で鮮花が媚を売りまくっていましたが、それはさておき、黄泉路さんですよ!

「アニメ」
>ケロロ軍曹
第227話「ケロロ&夏美 ひとつの部屋 であります」
カレーにチョコを入れるの反対。そんなものを入れなくてもコクと甘みは出せるわ!さーてんなかんじで晩飯のことで逆恨みする軍曹、自分で作らないんだから文句言うな。夏美を戦闘能力がなくなる空間に閉じ込めて自分の偉大さをわからせてやろうとか、まったく軍曹の考えることは小さい、小さい!そして夏美を閉じ込めたついでに自分も閉じ込められ、逆切れするとかもうナイスに痛いね、軍曹。巨大夏美フィギュアとか小さい夏美フィギュアを生んだケロボール、ギロロ用ですか?脱出のための巨大フィギュア作りを手伝わないわ、自分ひとりで先に脱出するわ・・・・のび太よりひでぇ行動だ軍曹。ケロボールに当るし・・・自分が使い方を誤ったからだろが

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。